任意整理ならベリーベスト メリットと特徴

任意整理ならベリーベスト

任意整理ならベリーベスト メリットと特徴

借金を抱えてしまった人が、お金を返しきれないなどの状況に置かれることがよくあります。

 

お金を借りた時は、後で返せると甘く見ているのかも知れません。しかし状況が変化し、お金を返済できる状況に陥り、悲観して命を絶ってしまう人まで出てきてしまいます。

 

このように悲しい結果にならずとも、弁護士や司法書士に代表される法律にお願いすれば、辛い状況から助けてもらえることも可能です。

 

法律を知り尽くしている人に頼めば、借金を減額することも可能です。借金を減らすことを債務整理と言いますが、そのなかで一番メジャーな方法が任意整理と言われます。

 

この任意整理は、代理人と貸金業者が交渉し、謝金額を減らす方法です。利息制限法の範囲内の金利に引き下げることにより、借金の額が減ります。

 

お金を借りた時は、利息制限法以上の利率を適用する貸金業者も多いですから、利息制限法の範囲内に借金を小さくすることも可能です。

 

債務整理の他の代表的な、自己破産や民事再生よりも、自分の資産や権利が守られる点で、一番穏当な債務整理方法と言えるのです。

 

一般の方が自分で行うことはまずできませんから、身近な法律家に相談することがおすすめです。借金を抱えている方には債務整理の方法を理解されることをおすすめします。

任意整理が出来ない人

任意整理は裁判所を通さずにご利用できる債務整理の手続きの一つです。

 

借金問題に困った方に一番多くご利用されています。

 

しかしどんな方でもご利用できるのではなく、状況によってはご利用できないことがあります。

 

任意整理はこのままでは返済が続けられないので、将来利息のカットや返済額を減らしてくださいと債権者と交渉を行います。

 

債権者によっては任意整理に応じないことがあります。

 

 

裁判所を通さない分、法的な強制力が無いので応じないときはご利用できないです。

 

ですが自己破産されるより多く回収できるので、何が何でも応じないと言う債権者は少ないです。

 

任意整理では減額して貰った借金を3年から5年で分割返済します。

 

減額して貰っても3年から5年で分割返済出来ないような金額の場合はご利用することが出来ないです。

 

当然、分割返済を続けるための安定した収入を得ていないといけないです。

 

すべての債権者を含めると減額して貰っても難しいと言う場合は、一部の債権者を外して任意整理を行うことは可能です。

 

任意整理では利息制限法にのっとって再計算を行います。

 

しかしご利用期間が短いと十分な借金の減額効果が得られないことがあります。

 

 

その場合は任意整理を行っても意味が無いです。