債務整理後のローン審査はどうなる?

債務整理後のローン審査はどうなる?

債務整理のデメリットのひとつとして信用履歴に金融事故の情報が載ってしまうという点があります。

 

何らかの融資を受ける際には必ず金融機関の審査がありますが、信用履歴に債務整理の情報が載っているとそこで審査は見送りになります。

 

つまり、債務整理をするとローンを組むことはできなくなってしまうのです。

 

信用履歴の情報は保存される期限があるので、車や住宅のローンを組みたいならば、記録が消えるまで待つしかありません。

 

記録が抹消される期間は債務整理の種類や登録される信用情報機関によって差があり、任意整理や特定調停では、債務整理をしたあと残債を完全に返済してから5年間は記録が残ります。

 

それ以降は記録が消えるのでカーローンも住宅ローンも組めるようになります。

 

個人再生や自己破産のように官報に情報が載ってしまう債務整理では、さらに記録の保存期間が長くなっている場合があります。

 

銀行が加盟する信用情報機関では保存期限が10年となっているので、銀行に対する債務がある状態で個人再生や自己破産をすると取引終了後から10年間はローンを組めないでしょう。

 

ただし、それ以内の年数でも新規にローンが組めたというケースが存在するようです。

 

ローン審査を通すかどうかは金融機関が総合的に判断することなので、債務整理からそれなりの期間が経過し安定した収入がある人は、5年ないし10年以内であっても新規ローンを組める可能性はあります。