債務整理した後に住宅ローンは組むことは出来ない?

債務整理した後に住宅ローンは組むことは出来ない?

債務整理した後に住宅ローンは組むことは出来ない?

債務整理した後に住宅ローンを組めるかどうか結論から申し上げますと出来ないです。

 

それは債務整理をした後に様々な金融機関同士で共有している信用情報に事故情報として記録されてしまうからです。

 

住宅ローンに申し込みされますと必ず審査を受けることが必要です。

 

その審査は金融機関本体と保証会社の双方で行うことが一般的です。

 

銀行本体でまずは事前審査が行われ、保証会社で本審査を行います。

 

事前審査では銀行が加盟している信用情報機関に照会、本審査では保証会社が加盟している信用情報機関に照会を行います。

 

銀行が行う事前審査で信用情報に何も問題なくても、

 

保証会社が行う本審査で信用情報に事故情報が記録されていると保証会社は保証が出来ないので審査に落としてしまうことが多いです。

 

債務整理の手続きによって事故情報が記録している期間が異なります。

 

任意整理なら約5年、自己破産や個人再生で約7年から10年です。

 

この期間が経過して信用情報から事故情報が削除されたらまた住宅ローンを組めるようになります。

 

どんな情報が記録されているか、信用情報機関に開示請求することが出来ます。

 

登録された内容について事実である場合は訂正や削除をされることは無いです。

 

しかし誤った情報であれば訂正や削除を求めることは可能です。

 

信用情報の記録を削除してあげると言ってくる業者がありますが、利用しないようにして下さい。